クラシックギターの各部名称

シェアする

クラシックギターの各部名称を覚えておこう

それではクラシックギターの各部の名称を

説明していきたいと思います。

クラシックギター各部名称1

① ボディー

大きく分けて2種類あります。

表板(おもていた)が松(スプルース)と杉(シダー)でできているものが主流です。

松は明るくはっきりした音、杉は太くて暗い音が出ます。

見分け方は松が白っぽい黄色、杉は上の画像のように赤茶色をしています。

裏板、横板の材質によっても音質が変わります。

② ネック

ボディから伸びている部分がネックです。

エレキ、アコギの比べて幅が広く厚くなっています。

手の小さい方は弦長が640mmのギターを選ぶと弾きやすいです。

③ サウンドホール

ボディー内で振動、反響して音が出る部分。

縁のデザインは製作者の腕の見せ所で個性が出ます。

④ ブリッジ

ボディにくっついている部分。弦の振動を表板に伝える役割があります。

ブリッジの上にある、弦を受けている白い部分をサドルと言います。

プラスチック、牛骨、象牙などでできています。

その横には弦を巻きつける部分があり、

穴に通して弦がとれないように固定します。

続いてネックの先を見て見ましょう。

クラシックギターの名称2

① フレット

ネックに打ち込んである金属の棒のことです。

フレットの横を抑えることによって音程を変えますが

これがあることによって音程が担保されています。(音痴にならない)

② ナット

弦を受ける場所。

サドルと同じで色々な材質があり、音質も変わります。

③ ヘッド

クラシックギターのデザインを大きく左右する部分。

ブランド、製作者によってそれぞれデザインが決まっていて、

詳しくなるとヘッドを見ただけでどのギターを使っているかわかるようになります。

④ ギヤ

弦を巻き取る部分です。

ペグは写真では見えませんが後ろ側に向かってついています。

エレキ、アコギと違って1、2、3弦で一つのギヤになっています。

以上が簡単なクラシックギターの各部名称の説明となります。

シェアする

フォローする