エレキギター各部の名称

シェアする

今回の記事では

エレキギターの各部の名称について書いていきたいと思います。

ギターの名称1

① ボディー

材質は木でできており、その上に塗装がしてあります。

材質、塗装の種類によって音色が変わってきます。

形は大きく分けて2つ、画像はストラトタイプ、もうひとつはレスポールタイプ。

② ピックアップ

弦の音(振動)を拾うマイク部分。

主にシングルコイルとハムバッカーがあり、音色を決めるとても重要な部分。

画像はシングルコイル。ハムバッカーはシングル×2。

③ネック

ボディから伸びているのがネックです。

くっつける部分をボルトで止めているのがジョイントネック。

一本の木でできているのがスルーネック。ハイフレットを弾きやすいが値段が高くなる。

④ セレクター

どのピックアップで音を拾うかを決める部分。

3段階から5段階で変えられて、ネック側で音を拾いたければネック側に倒す。

⑤ ヴォリューム、トーン

左がヴォリューム、右二つはトーンのコントロール。

手元で変えられるようについているが、基本的にいつも10にしておくこと。(右回りで止まるまで)

音を出さないときはノイズがうるさいのでヴォリュームのみ0にしましょう。(これ大事!)

⑥ ブリッジ

弦を固定する部分。弦を支えている部分をサドルと言います。

⑦ ジャック

この部分にシールドを挿してピックアップで拾った音をアンプに送ります。

それではネックの先を見て見ましょう。

ギターの名称2

① フレット

ネックに打ち込んである金属の棒をフレットと言います。

フレット横を押さえることで音程が変わります。

何も押さえないで弾くときは開放弦と言い

譜面では0と書きます。

② ナット

弦を受けている部分です。

③ ポジションマーク

フレットの間にある丸いマークのことで、

3、5、7、9、12フレットなどについていて、

何フレットを押さえているかわかりやすくしています。

④ ヘッド

ネックの先の部分をヘッドと言います。

⑤ ペグ

ペグを回すことでチューニングします。

以上が簡単な名称説明となります。

シェアする

フォローする