ギターを始める前にギターの種類を知ろう

シェアする

ギターの種類を知ろう

一口にギターといっても実は色々あるんですよね。

その中で代表的なものは

・エレキギター

・アコースティックギター

・クラシックギター

の3つが代表的でしょう。

(他にもフラメンコギターやミニギター、ギタレレ、さらにはウクレレやリュートなどギターに似た楽器もたくさんありますね。)

まずはその違いを大まかにまとめてみます。

エレキギター

・スチール弦

・ネックは細め

・主にバンドで弾く

・右手はピック弾き

アコースティックギター

・スティール弦

・ネック細め

・主に弾き語り、伴奏、ソロで弾く

・右手はピック、指弾き

クラシックギター

・ナイロン弦

・ネック太め 弦と弦の幅広め

・基本的にソロ(合奏や伴奏あり)

・主に指弾き(爪で弾く)

以上のような違いがあります。

補足

エレキギターは

ボディ全体が木でできておりサウンドホールもないため

アンプにシールドをつないで音を増幅させないと全く音が響きません。

重量は4kg程度。

基本的にバンドで演奏し、伴奏とソロを担当することになります。

アコースティックギターは

ボディ内部が空洞になっており表面版の振動をサウンドホールから

出すので重量は軽く、大きな音が出ます。

ボディサイズは3つの中で一番大きいです。

弾き語り、バンドの伴奏、ソロとオールマイティに使えます。

指弾きの場合は音量が小さくなるためアンプにつなぐことが多いと思います。

クラシックギターは

アコギより少し小ぶりなボディでナイロン弦が張ってあります。

音色はスチール弦よりも丸く太い音が出ます。

右手が基本的に指弾きですので弦と弦の幅が広く

それに合わせてネックも一番幅が広く太くなっています。

基本的にはソロで演奏することが多くヴァイオリンやフルートなどの伴奏もできます。

以上が大まかな違いになります。

厳密に言えば構え方や左手の使い方なども変わってきますので

順次投稿していきたいと思います。

好きなギタリストやアーティストが使っているギターを始めれば問題ないでしょう。

漠然とギターを始めたい方、迷っている方の参考になれば幸いです。

シェアする

フォローする