エレキギターの構え方

シェアする

エレキギターを始める前に確認しておきたいのが構え方。

ギターのくぼみを右足の上に置くのはみなさんなんとなくわかると思いますが、

もう一つポイントがありまして。

ギターのネックを少し前に出して体に対して45度ほど傾けることです。

こうすることによって左手の前に空間ができて

肩、肘、手首が動かしやすくなります。

またハイポジションを弾くときも自分の体が邪魔にならないで

リラックスして弾くことができます。

構え方でもう一つお勧めがあります。

それはクラシックギタースタイル。

左足を足台において両脚の間に挟みます。

そうすることで背筋が伸び、肩も地面と平行になり自然な姿勢で弾けます。

また、ストラップをして立って弾いた時とギターの角度や姿勢の差が少ないため

わざわざ立って弾く練習もいりません。(ストラップ長めの人は除く笑)

エレキギターでこの構え方をしている人が少ないので少し恥ずかしいですが、

これからはクラシックギタースタイルの人も増えてくると思います。

実際プロでもこの構え方の人を最近ちらほら見かけます。

ぜひ試して見てください!

シェアする

フォローする